Touch screen Display

タッチスクリーンデジタルディスプレイ

Touch Screen Display

当社のディスプレイデバイスにはタッチスクリーン機能を追加するオプションがあります。お客様のご要望に応じてさまざまなタイプのタッチスクリーン付きディスプレイデバイスを製作いたします。

 

広告映像にインタラクション性を付加するタッチスクリーンは、ユーザーが望む情報に手軽にアクセスしていただくためのスマートな解決方法です。

 

当社のタッチスクリーンは、さまざまな技術によって高感度で快適なタッチ操作を実現しています。

 

 

 

タッチスクリーンの種類と特徴:

<抵抗膜方式タッチスクリーン>

薄い空間によって隔てられた2枚の薄い透明シートを、上から押下することでタッチ位置を特定する方式。

 

指先やスタイラスなどの物体が表面を押し下げると、その2つの層が接触してその位置につながります。その後、タッチの正確な位置を示す信号がCPUに送信されます。

 

利点は低コストであること。主な欠点は、指先以外のものでもタッチ操作できるため、タッチするものの形状によっては傷つき易いことと、幾分ディスプレイ表示の透過性が下がること。

 

<静電容量方式タッチスクリーン>

透明導電体で被覆されたガラスのような絶縁体から構成されています。スクリーン表面をタッチするとスクリーンの静電界に歪みが生じ、その静電容量の変化を読み取ることで正確なタッチ位置を特定する方式。

 

携帯電話やタブレットなどに広く採用されている方式で、利点は誤動作が極めて少ないこと。

主な欠点は、ユーザーが手袋をしているときにはタッチスクリーンが機能しないこと。

(専用のスタイラスであれば機能します)

 

 

 

<赤外線方式タッチスクリーン>

水平方向と垂直方向に設置されたLED発光部と受光部間のビームを、指先が遮ることでタッチ位置を特定する方式。

 

主な利点は、手袋をした指やスタイラス、ペンなどでもタッチ操作可能なことです。素手の指での操作が必ずしも期待できない屋外や、POSアプリケーションで使用するのに向いています。

 

 

 

応用例:

・FSDU

・CDU(カウンタ表示ユニット)

・シェルフエッジ用ディスプレイ

・ウォールマウント用ディスプレイ

・情報ポイント

・キオスク

・ゲーミングマシン

・自動販売機